GooPassでカメラを借りてみたのでレビューします

雑記ブログ


こんにちは、ヨシヒコです。

以前カメラのサブスクリプションサービスであるGooPassCAMERA RENTの料金やシステム、揃っている機材などを比較した記事を書きました。
カメラのサブスクリプションGoopassとCAMERA RENTを徹底比較!
サブスクリプション(定額制)のサービスと聞くと、NetflixやAmazon primeなど様々なサービスが思いつきま...


そして今現在、GooPassでカメラを借りて使用している最中なので、実際に使用している感想など書いていきたいと思います。



スポンサーリンク

GooPassの月額料金は9段階もある


GooPassと契約したのは2020年の8月末くらいだったので、今1ヶ月ちょっと利用していることになります。

契約するときにどのプランにするか迷ったのですが、僕はLv1パス〜Lv9パスまである中からLv4パス(月額税込¥19,580)のプランで契約しました。

CAMERA RENTとの比較記事を書いた今年2月の段階ではLv1パス〜Lv6パスの6段階の料金システムだったので、種類が増えたようです。

具体的に各Lvパスの月額金額を書くと

             Lv1パス          税込¥6,380
             Lv2パス          税込¥10,780
             Lv3パス          税込¥15,180
             Lv4パス          税込¥19,580
             Lv5パス          税込¥26,180
             Lv6パス          税込¥32,780
             Lv7パス          税込¥43,780
             Lv8パス          税込¥54,780
             Lv9パス          税込¥87,780

とかなり幅があります。

各Lvパスでどんな機種が借りられるかは前述のGooPassとCAMERA RENTの比較記事を更新しているのでそちらをご覧ください。


機材を借りるには本人確認書類の登録・審査とバッジの取得が必要


各Lvパスで契約して実際に機材を借りるためには本人確認と審査が必要になります。

機材のランクに合わせてバッジ(ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ)を取得しないといけないのですが、バッジのランクを上げるためには提出・審査が追加で必要になるようです。

僕の場合はシルバーバッジを取ったので、運転免許証の提出で通りました。

ゴールドになると本人確認書類と一緒に写った自分の写真、プラチナになると自分の写真+電話での本人確認も追加されるようです。


Lvパスが9種類あってバッジが4種類あるのでシステム的に少しややこしいなという印象は抱きました。




Canon のEOS 5D Mark Ⅳを借りてみた


登録や審査が終わったので、早速機材のレンタルへ。

今回はCanonのフルサイズ一眼のEOS 5D Mrak Ⅳボディを借りてみました。

ネットで注文をすると翌日には発送連絡メールが届きました。



借りたい機材がレンタル中になっていることもあるのですが、返却されたら通知を受け取れるように設定できます。

特に急ぎでなければ通知メールを受け取ってレンタルの流れでも良いかと思います。

機材が到着


そして翌々日にカメラが届きました。(僕は九州なので早い人は翌日届くと思います)


GooPass専用の箱に梱包されてます。


中蓋には返却用の伝票がついてますね。



箱を開けるとこんな感じです。



付属品の一覧が書いてあります。



ラッピングクロスの中にカメラ本体や付属品入りポーチが入っていました。



ポーチの中には充電器とケーブルとケーブルプロテクタ。



バッテリーは純正ではなく互換バッテリーですね。


実際にカメラを使用してみた感想


このカメラを借りてから週に3〜4回くらい使用してます。

一日に1,000枚以上の長時間撮影も何度かしましたが、不具合等は今のところありません。

バッテリーが純正ではなかったですが、特にすぐに切れることもないので全然問題はなさそうです。


しばらくは使用予定があるので、継続利用していこうと思います。


利用しない期間にはLvパスの解約をしよう


GooPassは月額料金を払っている契約期間中は何度でも様々な機材を借りることができますが(同時には1台)、機材を借りていない期間そのままにしていると借りていなくても月額料金が発生してしまいます。

借りない期間はLvパスを解約して無料会員状態にして、借りるときにLvパスの再契約をすると良いと思います。

契約日から1ヶ月ごとに自動更新されるので、更新日までに機材を返却しておくこととLvパスの解約の手続きをしておくようにしましょう。

もちろん長期で利用する場合は解約せずにそのまま何ヶ月でも借りれます。
(僕は同じ機材借りたまま今2ヶ月目です)


GooPassはどんな人に合うサービスか


GooPassのサブスクリプションサービスがどのような人にメリットがあるか、実際に自分が利用した経験を踏まえて考えてみました。

・様々な種類のカメラ機材を使ってみたい人
・購入するほどではないけど中長期で使いたいカメラ機材がある人
・仕事で毎日のようにカメラを使用する人


カメラのヘビーユーザーで色々な種類の機材を使いたい人にはメリットがあります。


逆にメリットがあまりないのは
・短期間使用したいカメラ機材がある人
・趣味でたまにしかカメラを使わない人

カメラの使用頻度が低い人や短期間の使用になる人はサブスクではなく普通のレンタルサービスを利用した方が良いと思います。


2020年9月に発生したメールの誤送信問題


僕がサービス利用中の2020年9月にGooPass側で1つの事故が発生しました。

知らない人の本人確認審査の結果がGooPass全会員のメールアドレスに誤送信されるという事故です。(しかも審査通らなかった旨のメールがフルネーム付きで送信されてます)

本人確認の審査の結果というのは非常にプライバシーに関わるところですし、正直不安を覚えました。

個人情報の管理に関しては信用に関わる重大な問題なのできちんとして欲しいです。


そしてその後GooPass側よりお詫びと調査結果の報告が出されました。

今後も利用するかどうかは迷いましたが原因の調査結果と対策について報告されていたので、今後はこういった問題がないことを信じて引き続き利用継続することにしました。


まとめ


今回はGooPassを利用した感想をまとめました。

途中個人情報の問題があったりシステムなどで分かりにくいところもあったりしましたが、使用したい機材を長期間借りることができたのはとても良かったです。(まだ今もレンタル中ですが)

世の中のシェアリングエコノミーの流れもあり、サブスクリプションのサービスは今後も拡大していくと思います。

その中で市場の成熟と共にカメラのサブスクサービスもより使いやすくなっていくと良いなと思います。

コメント